• ホーム
  • 重大な副作用が減少したピルにはデメリットはあるの?

重大な副作用が減少したピルにはデメリットはあるの?

欧米では、10代の女の子も当たり前に服用しているピルですが日本においてはまだなかなか浸透していないのが現状です。
そのデメリットして考えられるのは費用の高さかもしれません。
ピルの開発当時は、ホルモン量が多いことで吐き気や嘔吐、血栓症などの副作用がありましたが現在ではエストロゲン量を少なくした低用量ピルの開発により、頭痛や吐き気、不正出血などの副作用が出ることは減少してきています。
また、PMSや月経過多などの改善、子宮体がんや卵巣系の病気などの発生リスクを軽減する効果なども期待でき、更年期障害の症状を緩和する薬としても用いることができるなど、多くのメリットが存在しているのにもかかわらず、日本ではあまり流通していません。
ピルは、基本的に自由診療で行われるのと生理期間を除いた毎日飲まなければならず、毎回婦人科で初診料や検査料を含めてクリニックによっても異なりますが5000~1万円近くの費用を捻出してまでピルを利用する人は、よほど生理痛や子宮内膜症などでつらい症状を抱えていたり、ゴムのかぶれがあってコンドームは使用できないという人でなければ継続して服用していくのは難しいといえます。
その他にも、ピルはクラミジアやヘルペスなどの性感染症の予防はしてくれませんので、不特定多数とのセックスを行う習慣がある人は服用して妊娠をすることはなくても病気に対する予防リスクが低くなるともいえます。
ただ、現代女性は出産の回数が少なくなり一生涯に起こる排卵や生理の回数が増えたことで女性特有の病気のリスクも高くなっているといえます。
避妊だけでなく、自分の病気予防のためにもピルを服用することはとても大切なことと言えるのです。
日本も、欧米にように手軽にピルが服用できるような社会になっていけばいいですね。

サイト内検索
人気記事一覧
  • 重大な副作用が減少したピルにはデメリットはあるの? 2019年04月09日 閲覧数:1
  • 笑顔の女性たち
    ピルがもたらす効果 2019年03月27日 閲覧数:0
最近の投稿
アーカイブ