• ホーム
  • ピルに頼り過ぎないために

ピルに頼り過ぎないために

考える女性

女性ができる避妊方法として、日本でも認識が高まってきたピルは、月経に関わる悩みにも対処する作用があります。
女性が悩まされる、生理前の不調には、PMSと言われる症状があります。
月経が近づいて排卵が起こり、体内の女性ホルモンバランスに変化が出てくる時期です。
そのためにホルモンはアンバランスとなり、これに影響をされて自律神経は乱れます。
分類的には副交感神経と交感神経になりますが、その調整さえ乱れていきます。
片方の過剰な働きで、女性の感じるPMSが発症します。
この対処として医薬品を利用することができますが、ピルに頼り過ぎないために、女性ができることも取り入れてみましょう。
副作用が少ないのがピルの良いところですが、本来ならば体調を整えていくことで、PMSの症状も、緩やかなものと変わります。
副作用が少ないとはいえ、医薬品ですので依存性になってしまうよりは、自分の持っている力で、つらい症状を軽減できるのが、本当は最もよいことです。
お薬だけを頼りすぎない方法として、生活習慣を見治るのがとても良い方法になります。
有効性のあるお薬ですが、頭痛や吐き気、めまいなどの副作用も、時として現れることがあります。
血栓塞栓症のリスクが増えるのも、ピルの服用するリスクでもあります。
お薬のみではなく、今までの生活習慣をチェンジさせることこそが、根本的な解決法になります。
病院でのお薬の処方にはお金がかかりますが、自分でできる生活習慣を正すことには、お金を支払う必要はありません。
生活が乱れると自律神経が乱れてしまい、これが生理前の不調にもつながります。
ですから基本となる、規則正しい生活を送ることを、まずは目指してみましょう。

サイト内検索
人気記事一覧