ピルがもたらす効果

笑顔の女性たち

欧米では広く認知され、根付いているピルですが、日本の普及率はまだまだ高いとは言えません。
認可されるのが遅かったからという理由もありますが、太るとか副作用が強いなどの偏見が根強いことがその原因になっているようです。
正しくピルを知ることで、そのもたらす効果を理解してください。
ピルというとまず思い浮かぶのが避妊です。
女性主導でできる避妊法としてもっと活用できれば不要なトラブルを防げるのですが、なかなか利用されないのが現状です。
エストロゲンという卵胞ホルモンと、プロゲストーゲンという黄体ホルモンが少量ずつ配合されているので、服用すると脳が「ホルモンが分泌されている」と判断し、排卵を促す指令を出さなくなります。
こうしてかなり高い確率で避妊ができます。
避妊以外にも、ピルがもたらす効果は他にもたくさんのあります。
月経周期を安定させるためにピルを服用する人がいます。
継続して飲むことで乱れがちな周期を整えることができるからです。
月経痛を軽減することもできます。
生理痛がひどくて外にも出られないとか、仕事を休まなければならない程の人もいます。
服用することで辛さを抑えることも効果として挙げられます。
他にも月経時の出血の量が減少したり、子宮外妊娠の発症量が減ったり、ニキビや多毛症の改善、子宮体がん、卵巣がんの発症頻度が低くなったりする女性には嬉しい効果も期待できます。
悪心、不正性器出血、血栓症、心筋梗塞、太るなどの副作用は心配されますが、近年の低用量ピルではこのようなマイナートラブルは大幅に減少しています。
望まない妊娠をするリスクなどと天秤にかけて、ピル先進国の欧米諸国では多くの人が使用していることからも、その有用性がわかります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ